スカルプシャンプー

刺激が少ない中でも洗浄力にこだわったもの

スカルプシャンプーは頭皮環境を改善して、頭皮を目覚めさせるためのシャンプーです。
もちろん、アミノ酸系シャンプーだから、低刺激な分だけ石油系界面活性剤に比べて洗浄力が弱いのは仕方が無いことです。
頭皮に必要な水分や皮脂を残した状態に仕上げることも重要ですから。
でも、アミノ酸系シャンプーであることばかりにこだわって、洗浄力があまりにも低すぎるのも問題ですよね。
シャンプーとして使う以上は、低刺激でありつつも不要な汚れのみを確実に落とすことの出来る洗浄力にはこだわりたいものです。
アミノ酸系洗浄成分でも、具体的にはどういう効果のある成分が洗浄成分として使われているのかチェックは必要ですね。

毎日使用するものだからこそ心地良いもの、そして継続しやすい値段へのこだわりも重要

1つのスカルプシャンプーを毎日継続することって、なかなか難しいことなのです。
毎日使用するからには、使用感も疎かに出来ません。
使用感の良くないシャンプーを我慢して使うのは、それこそ「この期間内は絶対に使用する!」と短いスパンでのゴールを決めなければ難しいですよね。
爽快感、香り、さっぱり感など、自分のこだわりに合ったシャンプーを選びましょう。
それから、毎日使用するシャンプーは、選ぶものによってもだいぶ経済的な負担が変わってきます。
無理してハードルを上げずに、「これなら一生使えそう。」くらいの程良い値段のものを選んだ方が良いかも知れませんね。

頭皮の水分と油分のバランスに合わせて選ぶ

「スカルプシャンプー」と言う言葉に安心してはいけません。
自分の肌質を考えた上で、シャンプー選ぶを行うことが重要です。
例えば、皮脂が過剰な方は、適度な皮脂を残して皮脂の量を調整する効果の期待できる商品がお勧めです。
そして、頭皮が乾燥しがちな方は、保湿効果のあるシャンプー選びにこだわった方が良いでしょう。
私たちの頭皮は、「皮脂は必要無い。」とか「オイリーだから水分が足りている。」と言う訳ではありません。
水分と油分のバランスがいかに保たれているかで、頭皮環境が変わってきます。

頭皮を刺激する危険な成分は含まれていないか?

スカルプシャンプーは、有効成分が含まれていれば完璧と言う訳ではありません。
もしかしたら有効成分の他に、頭皮を刺激する可能性のあるものが配合されているかも知れません。
香料や着色料のような添加物、アルコール成分などには十分に注意が必要です。
また、無添加とあっても、商品の品質を保つためにほんの僅かな化学成分が使用されていることがあります。
人によっては、これがアレルギー症状や頭皮トラブルの原因になることもあるようです。
もし自分にとって危険な成分が分かっているのであれば、こういう成分が出来るだけ含まれていない商品を選びましょう。

 

プレミアムブラックシャンプーがフケやかゆみに効果的な理由